肥満と生活習慣の関係 運動・食事

肥満と生活習慣の関係 運動

肥満と生活習慣の関係で運動はやはり必要なものですね。

 

簡単なのは有酸素運動である、ウォーキングやジョギングがあります。

 

筋肉をつける運動も重要なのですよ。

 

うちでできるものもたくさんあります、例えば箱を使った昇降運動やDVDを使ったエクササイズなどが効果的です。

 

 

ダイエット成功率90%以上 ⇒ プロトレーナー監修ダイエットDVD

 

そして外ではウォーキングやジョギングをやったらいいでしょう。

 

外の景色を見ながら自分のペースで無理なく運動することが長続きの秘訣ですね。

 

 

ただいきなりウォーキングやジョギングをやるとひざが痛くなる場合があります。

 

無理せずすこしづつ距離を延ばしましょうね。

 

隣町まで遠征してみたりすると、新しい発見が見つかるかもしれませんよ。

 

美味しいお店を見つけたり、かわいい洋服を見つけたり・・・。

 

運動しながらワクワクしてきますよね^^


肥満と生活習慣の関係 食事

そして食事はお肉などのたんぱく質が重要です。

 

ただし食べすぎには注意しましょう。肉や魚、野菜をバランスよくとることが必要です。

 

野菜は1日に必要な量は350グラムと言われています。

 

でもなかなか野菜が高かったり食事で野菜をとれない時もあるでしょう。

 

そういう時は、野菜ジュースやサプリメントでも補えるので積極的にとるようにしましょうね。

 

ダイエットをしていると肉、魚はひかえて野菜ばかり食べている人がいますが、
健康的ではないのでたんぱく質はちゃんと摂るようにしましょう。

 

そのかわりとして、炭水化物を減らすと効果が高いと言われています。

 

ご飯、パン、めん類を少なくするのです。

 

実は炭水化物が肥満の原因であることを知っていましたか?

 

ご飯などの糖分が貯蔵されて脂肪に置き換わってしますんです><

 

 

お米を無しにしておかずだけ食べると良いのですが、何か物足りないので、ご飯は子供用の茶碗にすると
たくさん食べても普通の大人の量の一杯よりずっと少ないので満足していいですよ。


本当に効果があったダイエットランキング

ダイエット遺伝子分析キット

 

まずは遺伝子検査で自分の体質を知ってください。
『DNA SLIM ダイエット遺伝子キット』は遺伝子を調べることで、243パターンのダイエットプランから一人ひとりに合ったダイエットの方法をご提案する新しいダイエットツールです。

 

詳しくはコチラ ⇒ DNA SLIM

ダイエット中でも普通に食べて大丈夫

 

グラフィコの「なかったコトに!R」は、食べたいけど、体型が気になる…ダイエット中のアレコレをサポートするために生まれた、画期的な、ダイエットサポートサプリです。

 

 

詳しくはコチラ ⇒ 【ダイエットサプリ】なかったコトに!

楽天堂々1位! ダイエットシェイク

 

楽天市場で8年連続1位を受賞した美容液ダイエットシェイク。
毎日の朝・昼・夜のうち一食を置き換えるだけで驚くほどにダイエットができます。栄養価も非常に高く、飲みやすいのでダイエット初心者でも安心してダイエットができますね。

 

 

詳しくはコチラ ⇒ ダイエットシェイク