肥満と生活習慣の関係 睡眠・ストレス

肥満と生活習慣の関係 睡眠・ストレス

今回は肥満と生活習慣の関係 睡眠・ストレスについてのお話です

 

 

肥満と生活習慣の関係、睡眠については7時間以下の人はその睡眠に
費やす時間によってだんだん肥満になる確率が高くなっていくようです。

 

基本ダイエットをするなら7時間以上は眠ることが理想とされていますね。

 

なかなか寝付けないという人は間接照明にして直接光が目にはいらない
ように工夫をするといいようですね。

 

ホットミルクも寝つきやすくなります。

 

好きなアロマオイルをハンカチやタオルにたらして枕元に置くのもいいでしょう。

 

音楽を聴くと眠くなるという人もいますし、読書をしていると眠くなるという
人もいます。

 

 

どうしても眠れない人はお医者さんに相談して睡眠導入剤を処方してもらいましょう。
最近は体に負担がかからない睡眠導入剤があるので相談してみたくださいね。

 

 

肥満とストレスについてはストレスがあるとそのことばかり考えてしまって
自律神経の働きが低下してしまうので太ってきてしまうのです。

 

体の中で普段スムーズに行われている代謝、脂肪分解などが異常になってしまうのですね。

 

ストレスから自分を遠ざけることが必要です。

 

好きなことをすることが良く、それができるなら好きなことおもいっきりする。

 

仕事がたくさんあって困っているなら誰かにヘルプを求めたりさっさと片付けてしまうようにしましょう。

 

人間関係のストレスもありますのでどうしても人間関係が原因ならできるだけ周りの人に
助けてもらったりして解決するようにしましょう。


本当に効果があったダイエットランキング

ダイエット遺伝子分析キット

 

まずは遺伝子検査で自分の体質を知ってください。
『DNA SLIM ダイエット遺伝子キット』は遺伝子を調べることで、243パターンのダイエットプランから一人ひとりに合ったダイエットの方法をご提案する新しいダイエットツールです。

 

詳しくはコチラ ⇒ DNA SLIM

ダイエット中でも普通に食べて大丈夫

 

グラフィコの「なかったコトに!R」は、食べたいけど、体型が気になる…ダイエット中のアレコレをサポートするために生まれた、画期的な、ダイエットサポートサプリです。

 

 

詳しくはコチラ ⇒ 【ダイエットサプリ】なかったコトに!

楽天堂々1位! ダイエットシェイク

 

楽天市場で8年連続1位を受賞した美容液ダイエットシェイク。
毎日の朝・昼・夜のうち一食を置き換えるだけで驚くほどにダイエットができます。栄養価も非常に高く、飲みやすいのでダイエット初心者でも安心してダイエットができますね。

 

 

詳しくはコチラ ⇒ ダイエットシェイク